企画展示のご案内  
秋の特別企画展<<昭和28年の洪水>>開催期間:2016年10月12日(水)〜12月12日(月)

pdfダウンロードはこちら


昭和28年(1953年)9月、台風13号が西日本に接近し、近畿一円に激しい雨を降らせました。宇治川左 岸の観月橋付近で堤防が決壊し、旧巨椋池へ濁流が流れ込むなどの被害がありました。中流でも芥川 が決壊し、高槻市内に多くの被害を及ぼす大洪水でした。 この昭和の大洪水をきっかけに、天ヶ瀬ダム や新瀬田川洗堰の建設がおこなわれました。 当時の図面や写真などで紹介します。


 昭和40(1965)年4月から、50年にわたって淀川を洪水の被害から守り、下流の暮らしの安全・安心を支えてきた天ヶ瀬ダム。展示期間中は、映画『天ヶ瀬ダム 建設記録』を上映致します。是非、御覧ください。

天ヶ瀬ダムを上流から望む 画像をクリックすると拡大します。

合同企画「京街道と淀川」

 淀川には、秀吉が築いた文禄堤や京街道があり、現在に至ります。京街道と 淀川舟運洪水に関する資料を各館で展示します。

>>「京街道と淀川」チラシをダウンロード

秋の特別展示【昭和28年の洪水】平成28年(2016年)10.12(水)〜12.12(月)